東京ゲームショウ2009のエントランス

ここでは、「東京ゲームショウ2009のエントランス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京ゲームショウ2009では,正面エントランスへ通じる階段の前に(去年はノートンファイターが平和を守っていた場所),
戦車に似たミリタリー系のロボットが展示されている。なんとゲームヤロウの新作タイトル「鉄鬼」のお出迎えであった。

4Gamer.net ― [TGS 2009]今年は「鉄鬼」が東京ゲームショウのエントランスと平和を守る!

4Gamer.net ― TGS 2009に出展した「鉄鬼」。トレーニングモードの内容公開

東京ゲームショウ2009『鉄鬼』「BLITZ」1/2フィギュアを見てきました。 | DHARMA POINT

もう2ヶ月も前の記事ですが、一応触れておきたいと思います。
鉄鬼のゲームエンジンはTom Clancy's Rainbow Six Vegas(PS3)やレッドスティール(Wii)で使われているのと同じUnreal Engine 2.5となっているようです。
TGS2009で展示されていた模型は、狙撃型機体「BLITZ」の1/2大の大型フィギュア。
韓国から分解されて船に乗ってやってきたそうなので韓国で制作されてMetalRage(鉄鬼の韓国名)のプロモーションに使われたフィギュアのようです。
素材が分からないですがFRPだとすると、日本で業者さんに制作発注するなら1000万円以上は優にかかるんじゃないでしょうか。
GameHiがMetalRageにかなり力を注いでいるのが感じられます。

コメント
Copyright ? 鉄鬼攻略ブログ
Copyright ? GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。