Dxtory

ここでは、「Dxtory」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャプチャツールDxtoryの紹介。

鉄鬼には標準でスクリーンショット機能が付いていますが、
撮影するとチャットウインドウに撮影ファイルのフォルダパスが表示されるのが難点。
Dxtoryのスクリーンショット撮影機能はチャットウインドウを汚すことなく、プレイヤーが見ている画面のまま撮影することが可能です。
保存するフォルダ先を鉄鬼のクライアントプログラムがインストールされていないドライブに指定すれば、PCの動作が一瞬重くなる現象も無いです。
動画撮影機能も付いており(実はこっちがメイン機能)、プレイ動画やフラグムービーを作るのに非常に便利です。
ただ一つ難点なのがゲーム内で設定したガンマ補正が撮影した画像には反映されないので、設定によっては少し暗く写ってしまいます。
お試しの無料版は撮影した画像や動画の上部にDxtoryのロゴが入ってしまいますが有料版(3600円)と機能性は同じです。

動画撮影時のコーデックやサイズを指定できたりと高機能なDxtoryですが、
国産ツールなので公式サイトで使い方が日本語で説明されており、ハードルが低いのもオススメの一つです。

コメント
Copyright ? 鉄鬼攻略ブログ
Copyright ? GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。