鉄鬼推奨ゲームパッド 『EXAPRIZE USB GAMEPAD』レビュー

ここでは、「鉄鬼推奨ゲームパッド 『EXAPRIZE USB GAMEPAD』レビュー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまにブラウザゲーで使っているPS1のコントローラーの○ボタンが強く押さないと反応しないようになってきて、
ゲームヤロウが「ゲームパッドをより緻密にサポートするための仕組みの導入を考えている。」というのもあり、
鉄鬼推奨ゲームパッド『EXAPRIZE USB GAMEPAD』を人柱で買ってみました。
PC用のUSBゲームパッドとしては高価な部類に入り実売で4000円少々します。


パッケージ表面の上側には狙撃型機体ブリッツが描かれており、下側には「鉄鬼」の文字が大きく書かれています。

パッケージ裏面。
保証書が記載されています。保証期間は3ヶ月。


内容品はUSBゲームパッド本体と封筒が1枚。


封筒の中身はドライバCD、取扱説明書、アイテムシリアルコードが書かれた紙、EXAPRIZE USB GAMEPADでサドンアタックをプレイしよう!という紙。
サドンアタックは外部ツールJoy To Keyを使う事で使用可能との事。
カモグリーン(7日)がもらえるアイテムシリアルコードはまたそのうちゲリラ的に読者プレゼントしたいと思います。


■EXAPRIZE USB GAMEPADを色々な角度から撮影

基本的な12ボタンに鉄鬼仕様として、ファンクションキー(F1~F12)ボタン、TABキーボタン、カーソルキー左右ボタン(LRボタンの一番下)が追加されています。
黒地に黄緑の塗装がされており迷彩色っぽい雰囲気があります。









ケーブルの長さは1.8m。


■PS1のコトンローラーと並べての撮影





重さはPS1コントローラが約180g、EXAPRIZE USB GAMEPADは約200g。(どちらもケーブル抜きの重量)
ぱっと見た感じはボタン数、ボタン配置場所以外ほとんど一緒ですが、
・中指の上に乗せる部分のスペースが少し狭い
・掌部分が当たる出っ張りのボリュームが少し大きい
・十字キーが違う(個別キーと一体型)
といった相違点があります。
個人的にはPS1のコントローラーの方が手にしっくりきて持ちやすいです。



■ドライバ関係

ドライバを入れていない状態で、コントロールパネルのゲームコントローラを見てみるとこんな感じ。


ドライバをインストールしてみると、


画面表示が変わり、プロパティ項目も増えます。




ドライバ単体でファンクションキーボタンやTABキーボタンを他のキーにカスタマイズするといったことはできません。


■鉄鬼での使用感
まぁ当然ですが、PS1のコントローラと同じような操作感です。
ファンクションキーがあるので事前に登録しておいたマクロチャットの活用、キャンペーンモードのスキル使用には便利ですが、
ボタンが小さく、間隔が狭めなのでちゃんと目視して押す必要があります。
TABキーも小さいですが他のボタンと離れているので割と押しやすくなっています。
カーソルキー左右(LRボタンの一番下)が増えてLR各3ボタンずつあるのは、スペース的に若干きつい感じがあり
慣れるまではボタンの押し間違いが起こりそうですが、慣れてしまえばこちらの方が操作幅が増えるので良さそうです。

久しぶりにパッドでプレイしてみましたが、やはりマウス+キーボードの操作と比べると大きな大きな差があります。
パッドは視点位置変更・aim速度が一定でそれなりの操作精度、そしてキーやボタンの数に対して使える指が少ないですが、
マウスは極低速~極高速と自由自在な速度でクロスヘアを合わせる事ができ、aimもドット単位で微調整可能。
キーボードはWASDを中心に20キー以上もの中から、その状況に必要なキーを5本の指を使って押す事が可能。
パッドは操作できる幅が少ないので手軽。マウス+キーボードは高度で複雑な操作をするのに適しており、
TPSゲームの鉄鬼にはマウス+キーボードが合います。
マウス+パッドなら熟練次第でマウス+キーボードに迫る操作精度をモノにできそうですが、
操作できるボタン数が少ないというハンデがあり、操作するキー数の多い鉄鬼には厳しいでしょう。

コンシューマーゲーから鉄鬼に移ってきた人達が結構いるようなので、そういう人達の為にEXAPRIZE USB GAMEPADを発売したのでしょうが、
鉄鬼を味わい尽くすにはマウス+キーボードの操作に慣れるのが一番だと思います。
最初は苦労すると思いますが操作に慣れてしまえば他のFPS/TPSゲームへの門戸も同時に開かれるので頑張ってみて欲しいです。
Hetal1tyもFPSをやり出した頃は超ぎこちない操作をしていたのを覚えています。

EXAPRIZE USB GAMEPADがどんな人にオススメできるかと考えてみたところ、
スキルやアイテムやらでファンクションキーをそこそこ使うMMORPG系のゲームにはマッチングが良いような気がします。
添付ソフトウェアがあって、ファンクションキーボタンやTABキーボタンを他のキーに割り当てできたらもっと使い勝手が良さそうなんですけどね。


EXAPRIZE USB PAD (鉄鬼推奨コントローラー)
エクサー (2010-02-26)
売り上げランキング: 19725
コメント
Copyright ? 鉄鬼攻略ブログ
Copyright ? GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。