IFP-40 仕様変更

ここでは、「IFP-40 仕様変更」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
X-RENDERのシールド性能を調べているとIFP-40のダメージだけI-SAWと違う数値が出たので、
I-SAWのシールド性能も再計測してみたのですがIFP-40のダメージが以前と変わっていました。
ということでIFP-40の機体別ダメージを再計測してみました。

■IFP-40 機体別ダメージ(以前)
ヴァンガード・・・226、189、266
デュアル・・・226、189、266
I-SAWガード・・・36
MAFガード・・・ 54
ブリッツ・・・208、172
ヴェロックス・・・207、172
インパルス・・・186、155
ヴィンチェレ・・・185、155、216
ランパート・・・186、155
シージモード・・・76、46、203
フォービドゥン・・・222、 186、260

■IFP-40 機体別ダメージ(今回)
ヴァンガード・・・187、156
デュアル・・・187、156
I-SAWガード・・・30(正面)、218(背後)
MAFガード・・・ 46(正面)、218(背後)
ブリッツ・・・208、172
ヴェロックス・・・207、172
インパルス・・・225、188
ヴィンチェレ・・・224、187
ランパート・・・226、188
シージモード・・・92、54、244
フォービドゥン・・・186、156


機体との相性が変更されているのを確認できました。

韓国MetalRageの現行IFP-40では1回撃つごとにリロードが必要、装弾数の減少といった弱体化の仕様変更もされています。
そのうち日本の鉄鬼も同様の仕様になるかと思います。

コメント
Copyright ? 鉄鬼攻略ブログ
Copyright ? GAMEYAROU Inc.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。